お客様のニーズにお応えする総合情報サービス企業/システムズ・デザイン株式会社
個人情報保護方針
サイトマップ
ご利用にあたって
contacet

データを価値に変えて、経営課題を解決します!

データ分析支援サービスとは

  みなさまの企業内には売上データ・顧客データ・生産データなど蓄積された大量のデータがあります。
こうした大量のデータ(ビッグデータ)から意味のあるパターンやルールを発見して、 現状の問題点の把握、課題解決の最適化、予測など経営課題を解決します。

  データに基づいた見える化を行うことで、データを価値あるものに変えてみませんか!




データ分析支援サービスの流れ

  データ分析支援サービスは「@分析の要件定義」「Aデータ収集・加工」 「Bデータの分析」「C施策の検討・実行」のサイクルとなります。
  この一連のサイクルだけでなく、分析基盤の構築もご要望に応じて可能です。

分析は1回でだけ終わるものではなく、上記のサイクルを継続して実施することが重要となります。
@分析の要件定義で、Bデータ分析の仮説を立てておき、C施策の検討・実行を想定しておくことが重要となります。


データ分析の例

  • 回帰分析(重回帰分析、ロジスティック回帰分析)

    回帰分析とは、「結果」に対する「原因」を推測する分析です。
    複雑な要因の組み合わせの中にある相関関係を見いだすことができます。


    ●分析の例

    ⇒結果に作用する要因を明確にして、改善施策を検討いたします。
     分析結果へ要因となる変数を与えることで、結果を予測することができます。


  • アソシエーション分析

    アソシエーション分析とは、要素の関連性規則の分析です。
    大量要素の間にあるルールを見出すことができます。

    ●分析の例

    ⇒ルール(Xが起きるとYが起こる)の割合や頻度から、改善施策を検討いたします。


  • クラスタ分析

    クラスタ分析とは、データ全体をグループ分けする手法です。
    データの見通しをよくして傾向や特徴が把握しやすくなります。

    ●分析の例

    ⇒クラスタ分析で分類したデータに基づいて、回帰分析などを組み合わせることで、
     分類されたグループの特徴や法則性を分析します。


  • 時系列分析

    時系列データの分析により、データの季節変動要素とトレンド要素に分けた特徴の把握や予測ができます。

    ●分析の例


  • 決定木分析、機械学習

    回帰分析による相関関係の分析に基づいた予測だけでなく、
    決定木分析や機械学習などのアルゴリズムを使った予測も可能です。

サービスの特徴

  • データ分析結果からITシステムによる改善もご提案可能

    当社はシステム開発から導入までを手がけるSIerでもあります。
    データ分析から得られた知見に基づいた施策として、ITシステムによる改善のご提案も可能です。


    データ分析支援が終わってからも、経営課題の解決のご提案を目指します。

    (ご提案の例)

    • 分析結果の共有や見える化を行うためのBIツールの導入
    • 分析結果や予測の連携など、ITシステムの改修・導入
    • ランダム化比較試験による、データ分析結果の最終的な因果関係の確認
    • データ収集を目的としたビッグデータ用の分析基盤の導入

  • オープンソースやクラウドの活用による低コスト化

    データ分析基盤が必要となるケースでは、お客様のご要望に応じて、データ分析や分析結果の見える化を、低コスト&高品質でのご提供を目指します。

    (オープンソースなどの例)

    ●BIツール

    データを視覚化ツール(商用)で、使い勝手がよく表現力に優れており、見える化に最適。   簡単で分かりやすい、オールインワンのBIツール(商用)。クライアントフリーライセンスのため、利用ユーザ数が多い場合に最適。

    ●オープンソース、フリーウェア

    統計解析ツール(フリーウェア)で、多くのプラグインがあり様々な分析ができる。ビッグデータへ対応可能。   RDBMS(オープンソース)で、MySQLと互換性がある派生版。列指向データベース機能とスケールアウト機能よりビッグデータへ対応可能。
    ビッグデータ向けの分散処理フレームワーク(オープンソース)。Hadoop、Spark、Impalaなど、ビッグデータの保存や処理では主要なオープンソース。      

    ●クラウド

    RDBMS(AWSクラウド)で、PostgreSQLと互換性がある。列指向データベースとスケールアウト機能でビッグデータへ対応可能。      

対応範囲と進め方

一般的なデータ分析支援での進め方となります。
日程の目安として2〜4ヶ月を想定しております。

(※1) ご要望に応じて必要な場合のみ、データ分析用の基盤を構築いたします。


お問い合わせ




<本件に関するお問い合わせ先>
会社名システムズ・デザイン株式会社
お問合せ大阪支社 SI部 明本
所在地大阪府大阪市北区天満橋1-8-30 OAPタワー8階
連絡先E-mail:salesinfo@sdcj.co.jp
TEL:06-6355-5971 / FAX:06-6355-5974


Copyright (c) 2005 SYSTEMS DESIGN Co.,Ltd. All Right Reserved.